責任問題にならないために|法で定められた産業廃棄物処理は業者に依頼することが大切

法で定められた産業廃棄物処理は業者に依頼することが大切

男性

責任問題にならないために

男の人

厳格な運用

日本では産廃処理に関しては法律に則り、厳格に運用されなければなりません。数々の規定のもと、責任の所在や処理法について明確に示されています。そもそも廃棄物は産業廃棄物と一般廃棄物に分かれており、前者は廃棄物処理法で規定された20種類のゴミのことを指します。毒性や爆発性のあるものもあり、それぞれに応じた適切な処理が行われます。また、事業場ごとに特別管理産業廃棄物管理責任者を置かねばならず、それには資格要件が必要になります。こういったように産廃処理に関してはかなり厳しく、違反したものは刑事罰および莫大な罰金を科せられる可能性があります。もし違反を知りつつ産廃処理を依頼した場合、依頼者にも罰則があるので気をつけましょう。

信頼できる基準は

さて、許可を受けた産廃処理業者とは言え、その質は一律であるとは言い難いのが現実です。中には取り扱いを雑に行うところがあったり、マニフェスト伝票の発行をしなかったり、減らしたりする場合があります。費用が安くても、そういったところは避けたほうが無難でしょう。現在、公益財団法人によって優良産廃処理業者認定制度が行われています。一定の要件を満たした業者に与えられるもので、この名簿に載っているところは適正に処理が行われていると考えても良いでしょう。産廃処理業者を選ぶときの参考になります。産廃処理には分別保管や運搬収集も含まれているので、そういった業者も実績があり信頼できるところを選択しましょう。