効率良くふるい分ける方法|法で定められた産業廃棄物処理は業者に依頼することが大切

法で定められた産業廃棄物処理は業者に依頼することが大切

男性

効率良くふるい分ける方法

工事現場

専用の機械なら作業も早い

人間が瓦礫選別の作業を行う場合、目視によって瓦礫の種類を見極め、それぞれ一箇所にまとめることが必要です。瓦礫の量が少ないときには問題ありませんが、ビルなどの大きな建物を解体したときのように大量に瓦礫がある場合には、業者に依頼するか機械を用いたほうが短時間で終えることができます。人間と違って機械で瓦礫選別を行うメリットは、瓦礫を投入するだけで自動で分けてくれる点にあります。振動によってふるい分けるこの機械は、作動させると複数の方向にふるい分けた瓦礫をまとめます。数が多いものでは3種類に分けることもでき、細かな選別をしたい時に便利です。選ぶ際には、本体のサイズを比較するようにします。適切なサイズであればダンプトラックに積載することができ、現場での瓦礫選別が可能になり作業の効率化につながります。

選別で廃棄費用を低減

住宅やビルといった建築物を解体すると、大量の瓦礫が出ます。解体時には重機を用いて一気に壊しているため、瓦礫には様々な材質が混ざっている状態です。これでは廃棄処分にかなりの費用がかかることになり、解体業を続けていく上でも赤字となることも考えられます。廃棄にかかるコストを下げるには、瓦礫選別という手法を使うのがおすすめです。瓦礫選別とは、大量に出た瓦礫をいくつかの基準によってより分ける作業のことを言います。分けてしまえばそのまま捨てたりさらに細かく解体するなどの判断ができることになり、時間と費用を大幅に削減できることになります。解体にかかる費用は年々縮小傾向にあり、瓦礫選別はその費用を抑えることができるとして期待されています。基本的な考え方さえ抑えておけば瓦礫選別は、人間が行うことも可能です。しかし効率を上げるには専用の機械を用いたほうが良いでしょう。