廃棄物の処分|法で定められた産業廃棄物処理は業者に依頼することが大切

法で定められた産業廃棄物処理は業者に依頼することが大切

男性

廃棄物の処分

作業員

埼玉で行われる各種の事業活動を行うことで出てくる廃棄物は、産業廃棄物と呼ばれていてこの廃棄物は排出した事業者が事業者の責任において、適切な処分を行わなければならないことになっています。自社で廃棄物の処分場を造って処分を行っている会社もありますが、その数は埼玉では少数にとどまっています。ほとんどの埼玉の事業所では、産業廃棄物の処分業者に依頼して産業廃棄物の処分を行っています。当然処分に費用が掛かってきますので、事業者でコストがかかる大型の廃棄物は自社で処分してしまう事業者もあります。産業廃棄物を輸送する事業者は、この廃棄物を埼玉の中間処理施設に運んでいきます。中間処理施設では、いろいろなごみが混ざった廃棄物の分別が行われています。混合廃棄物の場合は処分料金が高くなりますので、なるべく分別して出しましょう。

中間処理施設に持ち込まれた混合廃棄物は、そこで分別されていきます。プラスチックや金属紙や木など人間の手によって分別されていきます。分別されたごみは、リサイクルされるものや細かく砕いて減量化されて、最終処分場で埋め立てられるものなどさまざまになります。排出される廃棄物の種類によっては、破砕をしてからでないと処理をしてもらえないものもあります。最近では、破砕機のレンタルなどを行なっている業者などもあるのでそれらを利用することも一つの手段でしょう。破砕機を実際に購入するという方法もありますが、使用頻度によってはレンタルがお得です。また中古の破砕機の購入をしてもよいでしょう。