法で定められた産業廃棄物処理は業者に依頼することが大切

作業員

責任問題にならないために

男の人

厳格に運用されている産廃処理ですが、その質は一律ではありません。優良産廃処理業者認定制度で認められたところを選べばまちがいないでしょう。また、分別保管や運搬収集の業者も信頼できるところを選ぶようにしましょう。

もっと読む

効率良くふるい分ける方法

工事現場

解体時などに出る大量の瓦礫は、そのまま捨ててしまうと処分費用が高くつきます。事前に瓦礫選別を行なっておけば、コスト削減に効果を発揮します。瓦礫選別は量が多いと時間がかかるため、自動でふるい分けてくれる専用の機械を導入するのがおすすめです。

もっと読む

廃棄物の処分

作業員

各種の事業で出てくるごみを、産業廃棄物と呼んでいます。このごみは排出した事業者が、責任を持って適切に処分しなければなりません。自社で処分場を持っている埼玉の事業者は少数で、ほとんどは処分業者に依頼して処分が行われています。もし、自社で行うのであれば、破砕機などのレンタルが最適です。

もっと読む

適正な処理が事業者の務め

ウーマン

排出事業者の責任とは

あらゆる事業活動で発生するごみは、産業廃棄物と一般廃棄物に分けられます。なかでも産業廃棄物処理にはルールや知識が必要ですので、自治体または処理を委託する業者の案内を確認しましょう。事業系の廃棄物は処理を間違えた場合、単なる失敗では済ませられません。違法行為として罰せられる可能性があるため、社内の分別や保管場所のほか、記録を確実に残すべきです。委託を含めて自ら処分するのが産業廃棄物処理のルールですので、理由が何であれ責任は排出事業者にあると理解しましょう。つまり、委託先が廃棄に関する何らかの違法行為を行った場合、依頼した側も巻き込まれる可能性があるということです。まずは事前に委託先の調査を進め、事業内容を確認したうえで産業廃棄物処理依頼を行うと良いでしょう。

安心できる取引に

ルールや法など厳しい面が目立つ産業廃棄物処理ですが、トラブルを回避する方法は単純明快といえます。社内ルールの徹底はもちろんのこと、自治体から許可された産業廃棄物処理の委託業者を選ぶのみです。不法投棄といったトラブルは許可を受けていない業者によるものですので、ホームページで確認したり自治体に問い合わせたりと、方法はたくさんあります。また、産業廃棄物処理は委託先が別業者に委託する行為も禁じられていますので、引き取りからの処理フローも確認できると安心です。ポイントとしてはインターネットを活用することで、産業廃棄物処理の料金表を参考にするのも良いでしょう。最終的には見積もりで決定されますが、大まかな料金が分かっていると交渉しやすくなります。